ツインソウルと直観

こんにちわ。

愛のツインソウル、天野祐志です。

僕には霊感はありません。

 

だけど、僕には直観はあります。

直観っていうと、直感と勘違いする人が出てきます。

直感と直観。

なんか似ていますよね。

直感というは、感じること。

「あれ、なんか変だな」

そんな感じる能力が直感。

ある意味、霊感に近いもの。

ツインの彼女が時々言うんだ。

「ぞわぞわした」

それが直感。

身体で感じるもの。

僕はそっちは鈍感。

全然気づかない。

だけど、ツインの彼女が「ぞわぞわした」と言うと、

そこから僕の直観が始まる。

「なぜ、ぞわぞわするんだろう」

過去の同じような直感がでたときのことを思い出して、

今回の直感は何に由来するものか、考えてみる。

「もしかして、あの人の言葉、エゴにつながっている、ってこと?」

「うわっ、ぞわってきた」

直観が当たると、こんな具合に言う。

直感って、元々持っている人とない人の差が激しいものだけど、

直観なら、トレーニングで向上されることができる。

特にツインソウルのような魂のメッセージを受け取るための直観なら、

基本的にシンプルに考えればいい。

ぱっと思ったこと、とか、好き嫌いとか。

そこをベースに、「なぜ、そうなんだろう」と。

多くの場合は、常識とか、モラルとか。

そういうものが入り込んで、直観が働かなくなるんだ。

観えるはずのものが、常識の色眼鏡で観えなくなる。

それが大人になるってことだけどね。

子供は直観しっかりとできている。

理由は説明できなくても、「この人、ちょっと変」っていうのを

しっかりと見抜いていたりする。

大人は言葉でだまされても、子供の直観はだませない。

まだ、あまり常識が入っていないから、できることなんだ。

常識で判断するのをやめて、直観を働かしてみる。

それを繰り返していると、直観は身についていくんだ。

そして、それが。

魂からのメッセージを受け取ることにつながるんだ。

↓ツインソウルの感覚をもっと知りたい

ソウルメイト・ツインソウル

☆ツインソウルセッションやってます→ 詳しく知りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です