巫女光臨って、どういうこと?

こんばんわ。

愛のツインソウル、天野祐志です。

昨日の賀志波比売神社、びっくりしたことが起きて。

「なんか、このあたりぞわぞわする」

拝殿の左側。

かしわの木のある周辺。

そのあたりに不思議な気を感じるツインの彼女。

僕は全く感じないんだけどね。

「なにか、いるのかな」

「そういう話、よしてくださいよぉ」

神社廻りの運転手をしてくれる広瀬さんが言う。

僕らはなれているけど、一般人はそうなんだ。

たぶん、高次元の何かが、封印されている感じ。

「多祁御奈刀弥神社と似た感じ?」

「あそこ最初、何も感じなかった」

「二回目に行ったときは?」

「あ、似てる」

やっぱり。

何か封印されている。

多祁御奈刀弥神社には、蛇神がいた。

この賀志波比売神社には、かしわひめの元になった存在がいるはず。

僕の読みだと、日の巫女。

太陽神を祀る巫女さんの何かが封印されているはず。

そのときは、それ以上は分からなかった。

いろんな高次元な存在が入り乱れている感じがするから、

タロットは引くのはやめようと言っていた。

そこから帰る車の中で、ツインの彼女は爆睡しはじめた。

バスならよく寝るけど、運転してもらっている車では普通寝ない。

それなのに、爆睡。

チャネリングかな。

覚醒ダウンロードかな。

そんな感じ。

で、その正体が分かったのは、ベットに入ったとき。

ま、普段はベットに入ると、いちゃいちゃし始める。

ところが。

いちゃいちゃしようとすると、拒否。

えっ、なんで?

気分じゃない、とか、別のことに意識がいってる、とか。

そういう拒否じゃない。

恥ずかしがっての、拒否。

どういうこと?

朝、三回もイッて、にこにこしてたじゃん。

いまさら、恥ずかしいなんて・・・あっ。

もしかして、日の巫女の何かが光臨しちゃったとか?

僕の読みでは、賀志波比売は、日の巫女の見習いの女の子の呼び名。

6歳か7歳の血統も能力もある女の子を、日の巫女になるための儀式をする。

それによって、太陽神とつながりができる。

日の巫女になったばかりの見習いが賀志波比売と呼ばれて、

かしわの葉にご飯をのせて太陽神にささげる。

そんなイメージをもっているんだ。

で、ツインの彼女は1700年前、その日の巫女の儀式を賀志波比売神社で受けた。

そう思っている。

だから、昨日、賀志波比売神社で、日の巫女の何かが光臨して、

無意識な部分で少女のメンタルがつながってしまった。

だから、エッチなことに対して恥ずかしいって感じの拒否をしちゃう。

そんなことが実際に起きている。

となると。

いよいよ、太陽神の封印が解けるのか?

天使、蛇神、星神ときて、いよいよラスボス、太陽神が。

もちろん、天照大御神にすりかえられてしまった存在。

たぶん男性神。

ここんとこ、タロットで太陽カードが連発している。

予告なのかな。

神様とツインソウルのつながりとは?

ソウルメイト・ツインソウル

↓ツインソウルのこともっと知ろう

ツインソウル無料メール講座